排水管の水漏れが起きている部分を特定する

排水管の水漏れが起きている部分を特定する 水周りのトラブルは日常において非常に大きな問題です。洗面所やお風呂、キッチンなどは毎日必ず使用します。そのため、水回りでトラブルが起きた場合、洗面所で手を洗うことができなくなってしまったり、キッチンで料理をすることができなくなってしまいます。さらに、お風呂に入ることができなくなってしまう可能性が高く、毎日の生活に支障をきたすおそれがあります。そのため、排水管で水が漏れてしまった時は、場所と要因や、どのような手段で改修を行うかを決めなければなりません。

■水回りの主なトラブルとは

水回りのトラブルというのは様々なものがあります。例えば蛇口からポタポタと水が漏れてしまう場合や、配管がなんらかの要因により詰まってしまい、水を流すことができずあふれてしまうというトラブルもあります。配管とは水を給水するための管や使った水が流れる管があり、配管が詰まってしまうと水を流すことができないため、必然的に水を使うことができなくなり、非常に不便です。また、蛇口からの水漏れトラブルは使用中以外でも水が流れ続けてしまうため、水道代が跳ね上がってしまうおそれがあります。他にも排水管 水漏れにすぐに気が付かないと壁や床などが水浸しになってしまい、カビなどの要因にもなりかねないためすぐに対応しなければなりません。またマンションにおいては自分の部屋だけでなく下の部屋にも水が浸透してしまう場合があるため、水が漏れた場合は、被害が拡大する前に早急に改修を進めましょう。

■水周りのトラブルが起きる要因とは
水周りのトラブルが起きてしまうと日常の生活に支障をきたす他、水をふき取った場合でも後々カビが発生してしまう可能性があり、家にとってもよくない状態です。そのため、水漏れが発生した場合はすぐに対処しなければいけません。髪の毛やごみなどが詰まってしまい、詰まったことが要因で水の行き場がなくなり、水が漏れていることが要因になっていることがあります。また他にも管のつなぎ目部分がゆるくなってしまっているために水が漏れてしまっていたり、単純に管が古くなってしまい、摩耗や亀裂などが起こっている場合などもあります。それぞれの要因に対して改修方法が異なるため、要因を特定することは非常に重要です。

■水漏れの場所を特定する方法とは

排水管から水が漏れている場合、改修するためにはまずトラブルが起きている場所を探さなければなりません。洗面所やキッチンシンクの下にある配管は家の中の配管のごく一部です。こうした目に見えるところであればすぐに確認することができます。また水が漏れている箇所が管と管のつなぎ目部分であればつなぎ目のパーツのゆるみが要因であることが多く、自分ですぐに改修の対応を行うことができます。しかし、目に見えていない部分の排水管で水漏れが起きてしまっている場合は、排水管で起きているのか、または給水管で起きているのかわからないこともあるため、家中の蛇口等の使用を中止し、水道メーターを確認すると、給水か排水のどちらの配管からの水漏れなのかを見つけだすことができるのです。

■まとめ
排水管からの水漏れは日常の生活に支障をきたす恐れがあるため、非常に大きな問題です。水回りのトラブルには配管の詰まりや水漏れ以外にも、蛇口の故障によって起こるトラブルなど様々ですが、水を使うことができなかったり、床などが水浸しになってしまうため早急に対処しなければなりません。水が漏れる要因にはごみなどの詰まりやゆるみ、部品の傷み、ひび割れなどが考えられます。排水管も、目で見ることができる箇所では水漏れ箇所の特定が容易ですが、目に見えない部分は水道メーターを見て確認するとよいです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース